福島 ふるさと体験スクール やまとだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力規制庁今日発足

<<   作成日時 : 2012/09/19 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 国の原子力規制の組織、原子力安全・保安院や、原子力安全委員会は電力業界とのなれ合い癒着の結果、原発への津波対策や、電源喪失の際の安全対策などを欠落していて、今回の福島原発の事故が発生しました。

 こうした規制側と電力業界がいわゆる原発村といわれる、なれ合いもたれ合いにより、原発事故を未然に防げなかったのです。

 事故後の対応も全くどうしようもないほど、国民や被災地、被災者を失望させることばかりでした。メルトダウンしているのにその状況も知らせず、汚染が拡散しているのにも適切な対応もせず、被災者の被曝量を増大させる結果となりました。しかもこのような対応に反省の色も見せず、図々しく居座っていたのでした。

 今回原子力規制庁の発足により、名称はなくなりますが、担当者はそのほとんどが規制庁に所属替えになるだけです。本当に大丈夫なのでしょうか。これまでの反省はあるのでしょうか?

 そして重要なことは原子力規制委員会に首相を上回る権限を持たせたことです。これによって、いったん事故が起こった場合には、政府は原子力規制委員会を攻めればいいわけで、原子力発電については野党の立場をとることができるようになったのです。これは無責任な制度です。

 どんなことがあっても国の責任者は総理大臣、首相ではないでしょうか?それが原発に関しては原発規制委員会委員長にすべての責任が来ることになるのです。よくまあこういう制度を考えるものです。その点やはり政治家は無能ではなく、いかに自分の責任のがれ、延命するかの策はうまく抜け目なく用意しているのです。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力規制庁今日発足 福島 ふるさと体験スクール やまとだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる