福島 ふるさと体験スクール やまとだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島が頭から離れなかった?

<<   作成日時 : 2012/09/25 15:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これまで環境相兼原発事故担当大臣であった細野氏を、新たな野田政権の中で、民主党政調会長にする体制作りが進められているとのことです。(9月25日福島民報新聞)

 若さと知名度で民主党の看板になれるとの選挙対策上の戦略で、苦戦が予想される次期衆院選を控え、細野氏の抜てきとなったのだと言うことです。それではこれまで担当していた原発事故への対応はどうなってしまうのでしょうか?

 福島民報新聞の報道では、細野氏の政調会長起用に、避難者、被災地からは厳しい声があがっているとのことです。原発のある双葉町から避難して、現在福島市の仮設住宅に住む堀井五郎さん(65才)は「話を聞くようなそぶりを見せ、いい顔をしていただけ。賠償も、除染も何もかもが進んでいない」と話し、ふるさとに帰りたいとの思いは尽きず、「党の都合だけで人事が変わってしまうことが問題だ」と怒りを隠せない。ということなのです。

 「福島の復興なくして日本の復興はない」といっておきながら、福島の復興より民主党の選挙が大切だと考えている本心が現れているのではないでしょうか?

 次に誰が原発担当大臣になるのかわかりませんが、話を聞くだけでなく、被災地と被災者を救済する政策を実行することができるのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島が頭から離れなかった? 福島 ふるさと体験スクール やまとだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる