福島 ふるさと体験スクール やまとだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 外部被ばく健康調査の結果が届く

<<   作成日時 : 2012/10/18 05:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日、福島県から外部被ばく推定結果のお知らせが郵送されてきました。

 今年の3月頃、原発事故による放射能による健康への影響を調べるということで、アンケート調査がありました。原発事故が起こった3.11から時間ごとにどこで何をしていたかを記入するアンケートでした。1年も前のことを時間単位で思い出すことは記憶力も衰えてきたのに容易ではありません。家内は以前から毎日の行動記録をつけていましたので、ようやくその記録を見て思い出し記入したのでした。家内も私もほとんど同じところで同じように過ごすことが多いのですが、どちらかというと私のほうが畑や外で仕事をしていたのでした。

 行動調査のアンケートを詳しく記入して返送してから約半年、その結果が来たのです。その結果を見て疑問が湧きました。3.11から7.11までの推定被ばく量は私が0.4mシーベルトに対し家内は1.3mシーベルトでした。
 どうしてこんなに違うのか疑問です。私のほうが外にいた時間が長いのに線量が低く出ていたからです。家内の線量は年間で計算しますと5.2mシーベルトとなり。年間の許容量をはるかにオーバーします。

 アンケートの記入の仕方を間違えたのか、読み取りを間違えたのかわかりませんが、線量が3倍も違うのはどうしてなのかわかりません。

 さらに、この結果どうしろということなのかもわかりません。セシウムの半減期は30年といいますからこれからも放射線を浴び続けます。だからどうしたい、どうするかという対策が何も書いてありません。ただ、結果を保存するようにとだけありました。ただ調べるだけでは実験動物と同じです。この推定線量に対する何らかの対策・対応も本人に知らせるべきではないでしょうか?


 

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外部被ばく健康調査の結果が届く 福島 ふるさと体験スクール やまとだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる