福島 ふるさと体験スクール やまとだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発事故を分かって貰えるか?どう説明するか?

<<   作成日時 : 2012/10/21 05:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 若い頃東京都内に勤務していました。30年以上も前の同僚や先輩の方々が「福島はどうなっているんだ」と言うことで見にいきたいと夏に連絡がありました。

 福島視察ツアーの声を掛けたら30名を超える人数になってしまい、大型バスで来ることになりました。こちら「体験スクール」にはせいぜい15名程度しか宿泊できませんので、皆さんは飯坂温泉に宿泊し、翌日は朝からバスに同乗し原発事故の惨状を飯舘村、南相馬、松川浦などで津波被害の状況を見て貰う予定です。

 大型バスで長さが12mあるのだそうです。普段何ともなく通っている道路も大型バスだったら通れるのかどうか心配なところもあります。福島のバス会社でしたら全部把握しているところですが、東京の会社ですから道路事情などもよく分からないでしょう。

 そこで先日、予定されているコースを自分の車で相馬まで走って、心配なところを見てきました。

 飯舘村に入るのには相馬に向かう115号線から佐須峠を通るのが一番近くていいのですが、一部道路が狭くなっているところがあり、大型バスが通れるかどうか心配です。

 現に2週間ほど前に、スウェーデンからの視察団が乗った大型バスは佐須峠を通過出来ず、立ち往生したと言うことも聞きました。これもやはり東京のバス会社でした。

 そこでやはり佐須峠はやめて、別のルートにしようと思っています。大型バスが立ち往生したら時間ももったいないし大変です。やはり大人数の方を案内するのはそれなりの責任があるものだと分かりました。

 そして心配なのは案内、説明の内容です。若いときと違ってとっさに人の名前や地名など分かっているのに出てこないことがあるのです。痴呆症まではなっていないと思いますが、忘れっぽくなっています。ですからどうしたらいいものか、ある程度のメモ、説明の要旨などをまとめたカンニングペーパーを用意しなければと思っています。

 22日がその視察案内の当日です。軽い気持ちで引き受けたのでしたが、近くなってきて見るとこれは大変だと分かってきました。当日はどうなるでしょうか、心配が大きくなって来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発事故を分かって貰えるか?どう説明するか? 福島 ふるさと体験スクール やまとだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる