福島 ふるさと体験スクール やまとだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島は捨て石なのか?

<<   作成日時 : 2012/10/03 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 野田首相は言いました「福島の復興なくして日本の復興はない」、本気でそう思っていたのでしょうか?そのときはその気であったかもしれませんが、原発事故から1年半も経つというのに何一つ改善の見通しは見つけることはできません。それどころか原発事故は福島の問題、一地方の問題に矮小化されてきつつあるように考えます。

 その一例として、全国紙の紙面に取り上げられているのは、尖閣、竹島、内閣改造、そうしたニュースがほとんどで、福島の事故などすでに過ぎ去った過去のことになっているように思います。

 一方、米軍のオスプレイはすでに沖縄に配置され、約束とは異なるヘリ飛行の訓練まで市街地でしていると言うことです。太平洋戦争では、各地で大きな被害がありましたが、いまだに多くの基地を抱えて最も長期間、多くの犠牲を払ってきたのが沖縄です。基地問題も、押しつけられた沖縄の問題となっています。多くの日本人、本土の人々は沖縄の人々のように切実感を持っていないのではないでしょうか。

 東電福島第一原発も、福島で使うための電力を発電するための原発ではなかったのです。広く東京を中心に関東地方一円に電力を供給してきたのでした。事故が起こって、「福島の復興なくして・・・」ということでしたがそのときだけのリップサービスでしかなかったのだと次第に失望の感が広がっています。

 福島はいつになったら復興できるのでしょうか?セシウムの半減期が30年だそうですが、廃炉には40年以上もかかるそうです。次第に福島だけの問題にされてしまいそうで、それが政府に対する不信感になっているのです。
 
 沖縄も太平洋戦争の犠牲となって、いまだに大きな負担を強いられています。福島は東電の原発事故の犠牲になり、原発事故は福島だけの問題に矮小化され、捨て石とされてしまうのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島は捨て石なのか? 福島 ふるさと体験スクール やまとだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる